歯科で虫歯治療|口内のトラブルすぐに解決街の歯医者さん

口の模型を持つ歯科医師

PICK UP

歯の模型

様々な歯科治療

虫歯になってしまうとかなり辛いでしょう。虫歯になってしまったら歯科に通いますが歯科に通う場合、虫歯だけでなく口内のメンテナンスなどを行なうために通う方もいます。

関連記事LISt

定期的に利用

治療器具

虫歯や歯周病は口内の問題のため、口腔内の病気を治してくれる歯科医院を利用して治療をするのが一般的です。歯科を利用する際には健康保険が適応されるので治療費もかなり安く済みます。

楽しく治療をする

治療台

歯科を怖がって行きたがらない子どもは多いでしょう。現在では子どもに優しい小児歯科などが多くあり、待合室や治療を行なう部屋にも工夫がされて居るので多くの子どもが気軽に治療を受けられるようになりました。

専門的な治療

歯科技工所の今とこれから

口をあける子供

皆さんの歯が虫歯になった時、皆さんは歯科医院へ行き、治療します。そして詰め物をするにしろ、ブリッジを被せるにしろ、何らかの人工物をそこに入れると思います。その人工物を製作している所、それが歯科技工所です。 本来歯に補填するものは歯科医院で作られていました。歯科医師が作る場合もありましたし、技工士を雇っている歯科医院もあったのです。それが、歯科技工所として独立した製作所になったわけですが、この点については良い面と悪い面とがあるのが現状です。良い面としてはより専門性が高まったという点、悪い点としては患者の顔が見えないという点です。 今、歯科技術はどんどん進歩し、歯科医院によりさらに専門性と細分化が進んでいます。それに伴って歯科技工所もさらに専門性が増し、例えば保険外のインプラントを専門に作るなど細分化されていくのではないかと思われます。 身近でありながら普段はあまり関わることのない歯科技工所ですが、自分の歯がどこで作られたものなのか、もう少し関心を持った方がいいのではないでしょうか。

良い歯科治療を受けるために

私達が歯を治療する時、おそらく「この歯科医院は腕はどうなんだろう」ということは気にするでしょうが、「歯科技工所の腕はどうなんだろう」ということにまでは思いが至らないのではないでしょうか。 しかし自分の歯にピッタリの機能的にも審美的にも優れた補填物を入れてもらうためには、当然歯科医の力も必要ですが、実は歯科技工所の腕がものをいってくるのです。 私達は普段歯科医院で歯を治療している時に、直接歯科技工所の技師と顔を合わせるという機会はほとんどありません。しかし、その歯科医院がどこの歯科技工所に頼んでいるのか、どんな人が自分の補填物を作っているのか、一度確認してみるのもいいのではないでしょうか。 そして、できれば自分と同じような治療をした人の補填物の写真などを見せてもらって、自分の歯の治療イメージを描いてみましょう。それはきっと良い治療を受ける助けとなるはずです。 歯は歯科医だけの力で治るわけではありません。歯科技工所の力も必要なのだということを今一度考えてみて下さい。